リフト乗車に伴う滑走用具の定義

定義1 エッジ付き滑走用具であること。

エッジがないと、滑走中において確実な操作性・減速が行えない。

定義2 立ち乗り操作であること。

座って乗るタイプ(しゃがみ込む)では、スピードの制御を失ったとき他人・建築物に衝突する危険が増す。立ち乗りであれば、転倒することにより停止ができる。 サドルタイプは可。椅子タイプは不可。

定義3 流れ止めがついていること。

転倒時など、滑走者と滑走用具が離れたとき、滑走用具のみで停止することができるか。

定義4 スピード及びコントロール操作が適正に行えること。

滑走スピードにおいてエッジの長さが適正であるか。

定義5 原動機及び駆動装置が付いていないこと。

ゲレンデは上部からの滑走となるため、逆走ができると衝突につながる。

定義6 滑走用具を付けていること。

定義にあてはまらない滑走用具は、リフト乗車できません。またリフト乗車不可の滑走用具はゲレンデ(斜面)への侵入はできません。
リフト乗車は滑走用具を付けている(携帯している)ことが前提となります。おんぶ・だっこでは、リフト乗車できません。

プラスチックスキー、プラスチックスノーボード、ソリ等の金属製のエッジのない滑走用具は、専用ゲレンデ(キッズピア)にてご利用ください。

【 スノースクート ○ 】

リフト乗車可

【 スノーモト ○ 】

リフト乗車可

【 スノーバイククロス ○ 】

リフト乗車可

【 セパレートスノーボード ○ 】

リフト乗車可

【 ポールボード ○ 】

リフト乗車可

【 ソリ・プラスチックスキー × 】

定義1により、リフト乗車不可

【 スノーランナー × 】

定義1~2により、リフト乗車不可

【 スノーレーサー × 】

定義2により、リフト乗車不可

【 エアボード × 】

定義1~5により、リフト乗車不可

【 スノースケート × 】

定義4により、リフト乗車不可

【 KtraK(雪上自転車) × 】

定義5により、リフト乗車不可

※上記の滑走用具以外の場合は、各定義によりリフト乗車の可否を決定させていただきます。
 一度お問合わせください。「0575-72-6311」対応時間は8:00~17:00

※また、自作の滑走用具はリフト乗車不可とさせていただきます。